我が家のアイドル

アクセスカウンタ

zoom RSS お清 通りすぎた風

<<   作成日時 : 2009/10/24 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



夢求め 旅経つ君に 花束を 心と共に 捧げよう 

この胸のときめきを
You Don't Have To Say You Love Me
I Need Your Love Tonight
Kiss Me Quick
秋風に 枯葉舞い散る 散歩道 落ち葉踏みしめ 二人連れ

雄叫びを 上げ天空を 駆け抜ける  武将に 憧れ抱く 我が心

儚く散り逝くものの哀れ 死地を求め行く武士(もののふ)の死に様
人は何れ死を迎える 一期一会を大切に過ごす気構えを持ち続ける
【目次】(「BOOK」データベースより)
第七官界彷徨/「第七官界彷徨」の構図その他/歩行/こおろぎ嬢/地下室アントンの一夜/香りから呼ぶ幻覚/或る伯林児の話/初恋/山村氏の鼻/詩人の靴/匂い―嗜好帳の二三ペエジ/捧ぐる言葉―
好帳の二三ペエジ/木犀/漫漕/途上にて/神々に捧ぐる詩/チヤアリイ・チャツプリン ヰリアム・シヤアプ/書簡/座談「炉辺雑話」より/
女流詩人・作家座談会
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
尾崎翠(オサキミドリ)
1896年、鳥取に生まれる。女学校時代から、「文章世界」へ投稿を始める。故郷で代用教員となった後、上京。日本女子大に入学。在学中、「無風帯から」を発表し、大学にとがめられ、中退。文学に専念し、「アップルパイの午後」「第七官界彷徨」で一部から注目される。1932年、病のため帰郷、音信を断つ。戦後は行商などをしていた。「第七官界彷徨」が再発見された後も執筆を固辞。1971年、老人ホームにて死去
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大正から昭和にかけて、わずか数年の間、彗星のようにあらわれて、
きらめいて消えた、童謡詩人・金子みすゞ。そして今、よみがえる金子
みすゞ。その作品には、日本海に面した静かな港町・故郷仙崎への
限りない思いがあふれています。
【目次】(「BOOK」データベースより)
大漁・仙崎八景(大漁/お魚/月日貝 ほか)/花のたましい(花の
たましい/土/つゆ ほか)/みんなをすきに(みんなをすきに/
つばめのかあさん/お花だったら ほか)
「心に響く美しい日本語」をテーマにした朗読シリーズの第11弾。西条八十に「若き童謡詩人の巨星」と言われながら26歳で夭逝した金子みすゞ作品を、小林綾子、宮崎美子、壇ふみが朗読。素朴で温かな世界が楽しめる。
マリモの湖 ・・・月のしずく

人はそれぞれ求める物が違う、互いを認め
合って人生を送る、同じ夢を見る事が出来
れば幸せだと思う、夢を語ろう!君の夢は
どんなこと?君の夢!私の夢!同じ夢を見
れたら嬉しい、君の夢は文章を書く事だった
ね!皆に伝えたい事が一杯あったと思う!
夢描く 熱き思いを 伝えゆく

君の夢 繋ぎ伝える 言葉とは
img62714s.jpg
由比ガ浜にて
私の中のお清、何時までも若く可愛い!
そして凛とした姿の女性だ
お清のことを考える時いつも素直で純な自分に戻れる、
自分の原点のように思う

偶然にも5月16日の花がアリウム(無限の悲しみ )お清の亡くなった日
和 顔 愛 語(わがんあいご)
なごやかな表情で、愛のある言葉で人と接する
お清の誕生日6月7日の誕生花・梔子・花言葉 幸福者 清潔 清浄 優雅 喜びを運ぶ


夕焼けに 飛び立つ勇士 雲に消え 暁染まる 友送る

訪ね行く 愛しの君の 故郷へ 溢れる笑顔 蘇える

歌を詠み 想い伝える 恥ずかしさ  再び逢える 夢を見て

にこやかな 笑顔の君が 好きでした 心に残る 宝物

忘れじの 花落ちるとも 我が君の 心伝えし 幼子に
手紙/Again
私が筆不精でなければ、お清との思い出をもう少し記憶に留める事が出来ただろう!今、
後悔をしている、お清を思い出すと何時もにこやかな笑顔だ、其れと時々見せる寂しそうな顔、
何を考えていたのだろう?手紙のやり取りをしておけば良かった、今頃悔やんでも、どおしよう
もない!写真も数枚残っているだけだ!それ以外の想い出は頭に残っている記憶だけだが、
大部分が抜け落ちている、笑顔だけが今も鮮明に蘇える、幸い何時も笑顔だから嬉しい、もし
悲しい顔をしていたら思い出すのも辛くなる。
其れにお清は笑顔が一番似合う、スポーツウーマンだ!手紙〜拝啓 十五の君へ〜

恋文
 
偲ばせる 伝えし文に 我が想い  君慕い 溢れる想い したためる 



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お清 通りすぎた風 我が家のアイドル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる