我が家のアイドル

アクセスカウンタ

zoom RSS お清 通りすぎた風

<<   作成日時 : 2009/10/01 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安らかに 心落ち着く 墓参り 久々の 昔話に 笑う友 
  
今逢えば 心乱れて 胸詰まる  にこやかに 心で語る 友がいる

友の墓 あふれる花が 咲き乱れ 賑やかだ 笑顔こぼれる 友の顔

すぐ傍に 寄り添う友が 笑ってる 好きだった  微笑む笑顔 何時までも

昨日若き日より懇意にしてる同期数人と親交を深めた折にお清の話が出て懐かしく思い出
話をした、一人二人位はお清を知らないが殆どが知っているので懐かしんでいた様だ、私の
消えていた記憶を友の話から思い出したこと等も大分あった、久し振りに気分が高揚した!

ここの処病気や諸々の事で憂鬱な事が多すぎたので、昔話で若き日に立ち戻り、皆青春
時代に!笑い声が絶えなかった、お清も草葉の陰から喜んでいるだろう!皆と一緒に話かっ
たと思う、天から見ていたかも知れないな?今も思うのは何で悩みを打ち明けてくれなかっ

たのか、皆親身にお清の悩みを考えて相談に乗ってくれただろう!男と女の関係の前に皆
友人としてお清を認めていたのだから、今でも悔しい!墓参りにいく度に其れだけが思い
浮かぶ、お清としては男友達に話しずらかったのだろう、今の時代とは少し様子が違うから

男の私には理解が出来ない処だ。生きていれば嫌な事もあるが其れに増して楽しい事が
お清を待ち受けて居たに違いない!?今更しょうがないな!来世で楽しもう、お清約束だ!
お清!覚えているかい?秀賢を最後に一緒に逢いに行った友人だ!奥さんと共に楽しく
談笑をした事が昨日事の様だ!今回は秀賢は行けなかったが今度又一緒に行くよ!

津軽のふるさと

絵空事

愛と死をみつめて

悲しい酒

若きいのちの日記
img62714s.jpg
私の中のお清、何時までも若く可愛い!
そして凛とした姿の女性だ
お清のことを考える時いつも素直で純な自分に戻れる、
自分の原点のように思う

偶然にも5月16日の花がアリウム(無限の悲しみ )お清の亡くなった日
和 顔 愛 語(わがんあいご)
なごやかな表情で、愛のある言葉で人と接する
お清の誕生日6月7日の誕生花・梔子・花言葉 幸福者 清潔 清浄 優雅 喜びを運ぶ


我が家のベランダ菜園で育て居るキャベツ・小松菜その他にとまと・なす等少しずつ挑戦して
茗荷やニラ、ブドウの種を植えてみた、他に前から義母がやっていて、手入れをやめてしまっ
てほって擱いた物を手入を始めてみた、キダチアロエは其の内の一つだ、繁殖力が強いので
伸び放題だったものに手を入れてアロエを使って何かに挑戦してみようと思う、アロエは色々
と出来るみたいだから、便秘薬にもなるし、化粧水等も作れるそうだ、肌が蘇えり、張り艶が
でて来る様だ!出来たら奥さん喜ぶかも知れない!?
楽天さんでキダチアロエの原液を売っているサイトを見つけた、自分で
作ってみて上手くいかなかったら、お世話になろう!
胃酸の分泌を高めて胃の活動を活発に!
アロエ独特の苦味を形成しているのは、表皮部分に含まれるアロイン
胃酸の分泌を高め て胃の活動を活発にし、消化不良や胃下垂などの
症状を軽減する
血糖値を下げるアルボラン
アロエウルシンには細胞を賦活させて組織の再形成を促す働きがある
潰瘍の回復を促し、火傷にも効果を 発揮する。さらにアルボ ランA、Bは
血糖値を降下させる作用を持つことが確認されている。

今回の入院で気が付いた事それは、如何に病人が多いかだ!
今まで余り縁がなかったので気が付かなかった。医師に聞くと私の場合も始めはストレス
から来ていたと言われ、その積み重ねが徐々に病となって現れた、幸いにも度重なる入院
だが命は取り止めた、中には帰らぬ人も目の当たりした、その人達のご冥福お祈りする!

自分が病になって初めて人の病にも目を向ける様になって来た、先日同期の親睦会に出席
した全員が何だかの病を抱えている!中でも血圧と糖尿の数値が高い人間が多く、注意が
必要な者が大半だ!中にそろそろインシュリンを打たなくては成らない者まで出て来ている、

注意をしなければ、透析を受ける様になってしまう、そうなると後々まで大変苦労をするだろう
自分は死ぬまで健康で歳を取って行くものだと過信していた事を思い知らされた、今まで健康
でいた事に感謝!親に感謝をする。

逢いたい
うまく言えない
届けたい
大切にするよ

何時までも 光り輝く 学び舎に  美しく 優しい瞳 輝かせ
当時を今少しずつ記憶を辿っているが未だ殆どの部分が繋がって来ない!?所々記憶が蘇えって来たが、私が船に乗った前後に何かがあったのかも知れない?友人宅を訪ねた後、再会を約束した様な記憶があるが、暫らくは逢えない筈だ私は訓練期間に入って居たので暫らくは外出が出来なかった、訓練が終わり艦に配属になった直後の連絡だ!葬儀の前後も、記憶が定かではない!葬儀に出る事で当時の上官ともめた事は事実である、しかし、葬儀に向かってからと葬儀参列中、後どうやって帰艦したのかが定かではない!幾ら考えても思い出せない!今は当時の記憶を辿りやっとお墓も探し出し墓参りを出来る様になって少しずつ受け止める事が出来ている、お清の存在その物を閉じ込めて居たのかも知れない?私のこころが、お清の死を受け止められなかったのだろう!?今回の病で心に眠っていたお清の事が蘇えったのだろう、30数年の時を経て、心の奥深くに眠っていた物が、私の寿命が有る内に墓参りがしたいと願ったのだろう?自分にも良く分からない!

幸せ繋いでた糸
約束の日
君の瞳に恋してる


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お清 通りすぎた風 我が家のアイドル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる