我が家のアイドル

アクセスカウンタ

zoom RSS お清 通りすぎた風

<<   作成日時 : 2009/09/19 10:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつのまにか少女は

夏の終わりのハーモニー

人生が二度あれば
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

普通のよき日本人が、世界最高の頭脳
たちが、「もう戦争しかない」と思ったのは
なぜか?
高校生に語る─日本近現代史の最前線。

我が命 愛しき人を 護るのが 定めだと決め 生きて来た今日は最後の役目の
めでたい祝い事がある、其れで一様、男の務めが終わる最後の子供が嫁を取る、其々
に健康に留意して幸せになって欲しい!後は心置きなく人生を謳歌したい!其れには
未だ遣る事が残っているが、今は其の事も忘れよう!結婚だけが人の幸せではないが、
親としては、親の亡き後、理解し合える人が傍にいて欲しいと思うのが人並みの願いだ!

お清は両親に結婚と言う幸せをあげられなかったが、思い出を沢山残して行っただろう
自慢の娘に育て幸せに成って欲しいと願った通りに成人を向かえた、幸せだったろう!
早くに旅立った事には他人には分からない悲しみが有ったと思うが、今は同じお墓に眠り
今の様な世知辛い世の中に一人残さないで済んだ、最終的には幸せだったと思う!

今でも当時お清の自宅に電話をする時どきどきして深呼吸をしてからしたのを思い出す
凄く大切に育てられいた事が分かる、お嬢様と言う感じではないが、躾が良く出来ている
今!ようやく分かった気がする、お清の様な子供を育てるのが如何に難しいのかが!
当時親父さん凄く悔しかっただろうな!?今頃親の気持ちを理解出来る様になってきた

私の場合親より先に逝く事もなっかたし、子供達も皆元気で居てくれる、それだけで幸せ
なのかも知れない!多くを望んでは罰があたる気がする!

今年の夏も終わり短い秋が来てあっと言う間に冬を迎える、人生も季節と同じ様にあっと
言う間に過ぎ去って行く、もう少しゆっくり時を刻めれば良いのだが!
もう少し人生をゆっくり楽しみたっかたな、今年の夏も結局病院生活だった、健康な時には
仕事に追われてゆっくり休む事はなかったので、殆ど旅行等出来なかった、人生を急ぎ過
ぎた様に思う、まあ〜お清に比べれば長い時間を過して来たが人生の密度は濃いかったか
な?どうだろう其れは、自分が旅経ってから結果が出るだろう。

最近良く自分の人生を考える、それだけ歳を取ったと言う事か!?若い時分には考えもし
なかった、また考える時間も無かった、其れだけ生活に追われていたのが現状だ!
夢を見る事もない、只がむしゃら仕事をする、其れが生きている証なのだと、考えていた、
急いでもゆっくりでも人間の一生は決められて居るのかも知れない!其れがその人の定め
なのだろう?お清の死も定めだったのだろう、時間は短かったが充実した人生だったと今は
考えている。悲しみは 時が和らげ 思い出に  悲しみからは何も生まれて来ない!
お清を忘れる事無く何時も心に生きていると身を正せば、お清も喜んでくれるだろう。
愛の挽歌思い出の九十九里浜 七里ヶ浜哀歌海ゆかば 望郷子守唄

私が死んだら

絵空事

愛と死をみつめて

時の流れに
のこされて 


若きいのちの日記
img62714s.jpg
私の中のお清、何時までも若く可愛い!
そして凛とした姿の女性だ
お清のことを考える時いつも素直で純な自分に戻れる、
自分の原点のように思う

偶然にも5月16日の花がアリウム(無限の悲しみ )お清の亡くなった日
和 顔 愛 語(わがんあいご)
なごやかな表情で、愛のある言葉で人と接する
お清の誕生日6月7日の誕生花・梔子・花言葉 幸福者 清潔 清浄 優雅 喜びを運ぶ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お清 通りすぎた風 我が家のアイドル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる