我が家のアイドル

アクセスカウンタ

zoom RSS お清 通りすぎた風

<<   作成日時 : 2009/06/17 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

武人の誉れ 誇りしは 今は古 先人の 人の尊厳 軽んじて 目先に惑う 恥知らず

熱き夏 幾年重ね 忘れじの  夢の華 こぼれる笑顔 咲き誇る

六月の雨

お清!今の日本人は誇りと尊厳を失くしてしまった様に感じられるよ、次から次へと心無い
事件や問題が毎日の様に世間を賑わしている、私達の歳の人達も生きて行くのに必死で
忘れてしまっている様だ、何が人として大切なのかを!?お清は今思うと幸せだったのかも?

純真な心を持ったまま、旅発てたのだからね、羨ましいと思うようになった、淋しかったのは
今更言わなくても分かるだろう!友達皆も其れは同じだと思うよ。もう少し逢えないね!

訪ねみる 古の里 鎌倉へ

雨に濡れ ひたむきな愛 紫陽花の

思い出の 由比ガ浜 友と戯れ

明日の夢 膨らむ思い 笑顔咲く

夢が咲き 膨らむ未来 乙女達

ひまわり「ソフィア・ローレン」
img62714s.jpg


私の中のお清、何時までも若く可愛い!そして凛とした姿の女性だ

お清のことを考える時いつも素直で純な自分に戻れる、自分の原点のように思う

偶然にも5月16日の花がアリウム(無限の悲しみ )お清の亡くなった日

和 顔 愛 語(わがんあいご)

なごやかな表情で、愛のある言葉で人と接する
群青の谷
幸せの鐘
ひとつ
風の手紙
恵みの雨

惜別の歌
七里ヶ浜の哀歌
Alan RED CLIFF
明日への讃歌


クラブ・ウィルビー・メンバー制 主催者 残間里江子詳しくはHPで確認してして下さい。
会費等は掛からない様です真剣に考えている人なら入会出来るようです
www.club-willbe.jp/bbs/index.html

愛(いつく)しむ 乙女心に 咲く華を
貫く思い 涙する 届かぬ愛に
涙ぐむ 青空見上げ 哀しさに
 紡ぐ愛 心優しく 夢育て

空見上げ、君の笑顔思い出してみる幾ら考えても中学生の面立ち、何故だろう二十歳になってから逢った時の面影が浮んで来ない、何時もにこやかな笑顔の君、楽しそうに友と語らう、何時までも続く幸せ信じて

Hibari Misora
久遠の河
「千年の虹」−《源氏物》
桜モダン

あの素晴らしい愛をもう一度花嫁今日までそして明日から
ホテル
群青
愛は砂のよう
愛しき日々
ふたたびの

悲しみに涙した日々遠く過ぎ 今は良き思い出あの世の土産話もでき

懐かしの 眩しい姿 美しい 心のままに 蘇える  

浮き草に 我が身例えて 旅すれど  辿り着く 優しい笑顔 さす光

水無月に 映える紫陽花 七変化  移り気に 心迷いて 探す道  




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お清 通りすぎた風 我が家のアイドル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる