我が家のアイドル

アクセスカウンタ

zoom RSS お清 通りすぎた風

<<   作成日時 : 2009/05/23 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

逝く定め 受け入れ悟る 穏やかに  最後まで 悔い残さずに 道探る
  
逢う友に 幸せ届け 誇らしげ  夢にみた 笑顔の君が 舞う姿

まわり道  悲しみ忘れ  また逢える  突然の 別れに折れる 我が心


何時も側に居ると声を掛けたが、肝心な時に傍に居る事が出来なかった、今でも其れが悔い
るところ。多分お清にも其の事は伝えてあった筈だ!もともと人に弱音を吐くような人柄では
ない、だが其の性格が災いしたと、今でも思う、もっと人に甘える事が出来れば!今でも良い
友達として、交際が出来ただろう!?   Marcia - Yours-時のいたずら

一緒にお酒を飲みたかった、今も心残りだ!親父・兄貴・お清の三人とは飲んだ事がない、
飲む機会がないまま人生を終える、今も健在なのは兄貴だが、今はどちらも酒を飲まなく
なってしまった。とてもお酒が好きだった親父だ、私が若いときそんな親父を好きに成れな
かった、お酒を飲む気持ちが分からなかった、社会人になり飲む機会が増え、やっと気持

ちが分かるようになった時には、この世を離れてしまって一度もチャンスがなく、親父も淋し
かっただろう?小さい時は内風呂が無く皆銭湯に、仕事を終えて銭湯に行き、返りに酒屋
に寄り一杯のコップ酒が楽しみだった、そんな親父を兄弟三人で追いけ回していた、親父
にしてみれば一人で行ってのんびりしたかったのだろう?子供は勝手だから、そんなに好

きだった親父を毛嫌いする様に避け始めて居た様だ、いまさら遅いが親父に申し訳無い事
をしたと思う、本当に後悔先に立たずだ!今考えてみたら、とても綺麗な飲み方をしていた
様に思う、がぶ飲みをして乱れている姿の記憶が無いが、何が綺羅だったのだろう?

お清とはやっと飲める年齢になり最後に逢った時には未だ自分が飲み始めて居なかった
ことも有り、一緒に飲んだ事が無いままになってしまった、あの世で再会をしたら先ず始め
にお清とは心ゆくまで、お酒を飲みたい!はたしてお清は酒を呑める様になっているだろうか?
頬染めて 酒飲む姿 芳しい  惚れ直す 色香漂う 酔い姿


愛することに臆病だった若き日に知合い、互いの気持ちを確かめず友達で居る事に勝手に
決め、心に仕舞い、いつまでも良い友達で居ようと努める気持ちと裏腹に好きだと思う気持
ちが、心の中で戦っていた様に思う、そんな気持ちが、お清が亡くなるまで有ったので、
連絡を取っていたのだろう?お清が亡くなったと聞き心のバランスを失ったのかもしれない

それ以来お清への想いを心に閉じ込めて居たのだろう、この歳になって生死を彷徨い気が
付いた時に先祖・両親・お清の墓参りをしなければ、其れこそ、死んでも死にきれない!
この歳になって初めて生前にお清が言っていた、生きた証を残す事の大切さと同時に難し
さをつくづく感じる、人の気持ちを伝える己が姿、どの様に映って居るのだろう?同期に合う

機会が増えたが其々が違った人生歩んで現在に至っている、中には人に言えない様な
苦労や努力をして来て今更、何をと考えている人も多くいる、淋しいが其れが普通の人の
考え方かも知れないな〜!同期を繋ぐ行ないが亡きお清への供養だと考えて居るのだが
先の道のりは長そうだ。そばにいるね・ 青山テルマ

alan - 懐かしい未来 - longing future
心・戦 (Kokoro Ikusa/Shin Sen)

時の流れに 身を任せ 変わらぬ愛に こころ澄み 熱き想いを 届け逝く 


ザ・ジャガーズ  君に会いたい

ザ・タイガース「花の首飾り」
「青い鳥」

寺内タケシ 津軽じょんがら節

ひまわり「ソフィア・ローレン」
img62714s.jpg

明日がくるなら
余命1ヶ月の花嫁
素直になれたら


好きだ!些細で単純な言葉が出ない 男の見栄!
気持ちを抑え 見送る背中にまたねと声を掛ける 
男心男の見栄を分からずじまいに、旅たつ君に
届けと祈る!馬鹿な男の真心を命尽きるまで永遠
に忘れず心に刻む
愛(いつく)しむ 乙女心に 咲く華を
寡黙を美徳とした教えを受けて育った人に
取って今は良い時代なのか?
Hibari Misora
津軽のふるさと
久遠の河
「千年の虹」−《源氏物》
桜モダン

死に華 咲かせる場所 機会なく  とき過ぎる 虚しい日々を 活かす術

亡き友の 立ち振る舞いに 重ね見る 制服に 想いひとしお 懐かしさ

うたかたの 風の囁き 心地よい  ひかりさし 久遠の時空 繋ぐ風
Alan RED CLIFF
明日への讃歌


私の中のお清、何時までも若く可愛い!そして凛とした姿の女性だ

お清のことを考える時いつも素直で純な自分に戻れる、自分の原点のように思う

偶然にも5月16日の花がアリウム(無限の悲しみ )お清の亡くなった日

和 顔 愛 語(わがんあいご)

なごやかな表情で、愛のある言葉で人と接する
群青の谷
幸せの鐘
ひとつ
風の手紙
恵みの雨

惜別の歌
七里ヶ浜の哀歌

運命(さだめ)
出会うさだめに みちびかれ 君に出会った 学び舎に 通う楽しみ 君しらず
笑顔で交わす あいさつに 心が躍る 淡い恋  時間が過ぎる  緩やかに
夢にみる  幸せなとき  笑い声  家族と遊ぶ 楽しげな  笑顔の君を
早すぎる  別れに泣いた  悔しさに 我を忘れて 拭う手を 壁にぶつける

逢うは別れの始まり 別れは人の定め 如何に生き、如何に死ぬべきかを探し求め、縁も持つ
人々に巡り逢い互いを求め幸せな人生を過す、なのに何故、こんにも早い別れを迎えなくては
いけないのか?無常な天命を与える神がいるのか?人は一生の間に巡り逢える人がどれだけ
いる、どんなに優れた人でも出逢う人数は限られている、それだけ出逢った人は大事な人々だ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お清 通りすぎた風 我が家のアイドル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる